タヌポンの利根ぽんぽ行 下曽根の路傍

TOP・探訪目次>下曽根の路傍


目  次


下曽根地区の路傍。いかにも何かがありそうな雰囲気の場所です。

大きな樹が2本立っていてその下にはベンチが置いてあります。
標識が見当たらないのですが、ここは町の福祉バスの停留所となっているようです。

その樹木の陰に4基の石祠がひっそりと立っていました。

そこからさらに早尾方面へ少し歩いていくと右手に路地がカーブするように分かれています。
その細道に入って行くとまもなく、民家の間に
利根町のほかの大師よりも大きな大師堂が建っていました。すぐ先右手に公民館があります。

本コンテンツは2015年3月に、約8ヵ月ぶりでサイト更新したものです。


利根町西部マップ

利根町西部マップ

旧松木村の道祖神

懐かしい光景

2本の大樹とベンチ

まさに田舎のバス停という感じです。

利根町役場の裏手の道を北上、
利根フレッシュタウンを縦断して、
信号を越え、早尾方面に向かった
途中の右手に見えてきます。

ここは昔、松木村と呼ばれていました。
(現在は利根町下曽根)

この陰に石祠が隠れているとは
長い間知りませんでした。
なぜか散歩のとき反対側ばかり
歩いていたのです。不思議ですね。

『利根町史』の1992年の写真では
背景が水田になっています。
いまは畑でしょうか。

左のほうは何か建物が建つのか工事中のような感じですが、8年経った現在でもこのまま、変化がありません。
2015年現在も工事中ではなく、よく見るとどうもこれは自動車関連会社?敷地の単純な塀のようです。

松木村の変遷

『広報とね―利根町の歴史散歩(第259号)』によれば・・・。

寞文3年(1663)9月から行われた新利根川の御普請によって、
押付からみのわだ(地名)までの道のり八里八丁(約三十三キロ)が堀り割られました。
利根町では、松木村、行徳村、中田切村、下曾根新田等が、川敷の代替え地として
印旛沼畔(現在の千葉県本埜村)に移転しました。
その後、中田切と下曾根新田は新利根川が廃川になって戻って来ましたが、松木村と行徳村は立ち返ることなく、
今は松木という字名のみが道祖神とともに残っています。

道祖神の石祠4基

『利根町史第五巻』には、この場所に道祖神以外で、十六夜念仏供養塔(明治9年)と記されていましたが、見当りません。
また、道祖神の石祠でも、「本社 明治二十六年(1893)建立」とありますが、それも見つかりませんでした。

石祠4基

4基並んだ石祠が見えます。

いずれも道祖神で、
祭神は久那戸神(くなとのかみ)

ただし、道祖神と読めるのは、
左から1基目と2基目の石祠。
残りの2基はまったく読めません。

もっとも、道祖神は、
表面に刻銘されていないものも
多いのですが・・・。

左から、
本体: 高44cm、幅23cm、厚20cm。
本体: 高43cm、幅28cm、厚23cm。
本体: 高60cm、幅39cm、厚32cm。
本体: 高54cm、幅38cm、厚20cm。

不明な建立日など

以下が2番目の石祠の左側面で、「午」の字が読めそうですが、明治26年の干支=癸巳とは符合しません。
いちばん上の文字も「大」に見え、これが「天」だとすると、天保5年甲午(1834)3月吉日と推定できます。
いずれにせよ明治とは読めません。右側面には「押付新田」とあり、願主・施主の出身地でしょうか。

不明な建立日 押付新田
不明な建立日2

左は、4基のうちメインと思われる、
右から2基目の大き目の石祠の側面ですが、
これも、明治年代ではなく、
文化六巳三月吉日」銘となっています。
文化6年(1809)9月の建立です。

表面は文字が読めませんが、
道祖神が風化して消えたのかどうか・・・。

そうなると、町史の明治26年等は、
いったいどれが該当するのでしょう。

いずれにせよ「十六夜念仏供養塔」は、ありません。

道祖神の逸話

2本の大樹とベンチ

松木村の道祖神には、ちょっと怖い逸話があります。
ただ現在の道祖神の石祠というより、
ここに昔あったご神木に関連する話ですが、
松の老木は枯死したようですが、現在残っている
欅と榎が、ご神木なのかも知れません。
そして、怖い逸話とは・・・ここからすぐ東にある、
泪塚押付新田の鶴殺し事件 に関連する話です。


前述の『広報とね―利根町の歴史散歩(第259号)』には
松木村の道祖神と題して以下の文が・・・

道路に沿って、四基の道祖神の石塔が建てられています。
『松木村に祈り道祖神という小社があって、怨敵のあるものは、この社の御神木に相手の似姿を描いて、釘で打ちつけてお祈りすると、たちまちその人が死ぬとのことであった。』(毛吹草から)
大きな欅と榎があり、松の老木は枯死して切り株のみを残しています。

『毛吹草』とは、「利根町の鶴殺し伝説」という副題で、蜀 亭という人が物語風に事件の経過を綴ったものです。
では、当該項目を以下、もっと詳しく引用紹介します。

第二十章 治部九郎乱心の事
      附り(つけたり) 権左衛門死去の事
 易に凡龍悔あり、という言葉がある。これは己れの威をほこっても、それに随ってくれる賢人がいなければ、つまりは後悔するという心をあらわしたものだ。
 治部九郎もまた、自分の立場に威をほこって、組下の者を奴僕よりも軽く取扱いすぎた。このため、のちのちにいたって人の妬みを受け、村中一致して諸帳面調べを受けたところ、ことのほかの強欲ぶりがあらわれ、名主を辞めさせられている。その翌年の夏には、さらに疫病にかかって家内七人の者がつぎつぎに死んだ。生き残った治部九郎自身も、病気がなおってみると気が狂っていた。
 ヤレ、火の玉か転げる。ソレ火の玉が自分を追いかけてくるのと、そのあたり一帯を叫び歩いて、世の中の人から『火の玉法師』と呼ばれるようになった。
 そののち牛堀という所で、他人の家に火をかけて焼き、自分も、そこの堀に身を投げて死んだという。
 一方、松木村には祈り道祖神という小社があった。怨敵あるものは、この社のご神木に相手の似姿描いたものを釘で打ちつけて祈ると、たちまちその人が死ぬとのことであった。もっとも、祈りをした人にも少なからぬ災いがあるという。
 その帰り災いも引き受ける覚悟でやるとすれば、よほど深い怨念なしにはできるものではない。ある目、権左衛門の絵姿描いたものに数百本の釘を打ちつけ、例のご神木にはりつけてあるのを村人がみた。何者がやったのか怖しいことであった。村人は、それを見つけたからといって、権左衛門にそう告げるわけにもいかず、そのままだまって見すごしていた。やがて、権左衛門も、自然自然につまらぬことに悩み、そして苦しむようになった。そんなある日、権左衛門の縁者が、例の絵をみつけ出して、あわてて偉い坊さんを招き、祈祷をしたうえで、その釘を抜きとった。しかしそのしるしもなかった。
 後には歩行も容易ならぬようになり、言う言葉もわけがわからなくなった。そして、理由もない事に腹を立て、家中のものを叱りつけてはわめきちらした。
 そんなある日、何ものかに誘い出されるように縁側までいざり出て、げらげらと笑いつづけた。その笑いも長くはつづかなかった。急に笑いやめると、目をつりあげて門口をにらみつけ、ヤレ、ソレと夢中でせきたてていたが、おそろしや、アレ鬼よ、火の車よ、と声を限りに叫びながら、奥へ逃げもどろうとした。しかし、ひざが立たず、そばに掛けてあった棕梠ぼうきを取ると、それを振りまわして追い払い、打ちはらいしながら、わあっとばかりに庭に倒れ落ち、そこで血を吐き、目玉を剥いて死んだのである。
  このありさまを見て、心深く動かされぬものはなかった。

ちなみに、乱心して死去した治部九郎は行徳新田名主、怨念により狂い死んだ権左衛門は松木村の名主。
いずれも、この事件の悪漢役、山崎群平の手下となって動いた者です。

「大師・観音」堂

「大師と観音」堂

旧松木村の道祖神から早尾方面に
200mほどさらに北上すると、小路が
右手に分かれてのびています。
その小路に入ってしばらく進むと
道は二股に分かれていますが、
直進せずに右のほうに行くと、右手に
四郡大師のお堂が見えてきます。

よく見る大師堂より大きな建物です。
でもよく見ると、祀られているのは、
大師だけではないようです。

新築寄贈額

寄贈

堂の上部に掲げられた額。
この堂の新築に関するものです。

平成六年三月吉日」とあり、
平成6年(1994)3月に
右記の人たちによって
寄贈されたことが
記されています。

一、鈴木茂雄
一、鈴木貞夫
一、山田克己
一、直井祐一
一、湯原 明
一、河村義一
一、吉浜 功
一、河村 ョ
一、山田由紀子
一、直井たか
一、河村工務店


さて、では、右の扉から開けて、中を見てみましょう。

大師70番

大師70番

祠の右が四郡大師堂です。
大師像が安置されています。

番号札は70番となっています。

本体: 高37cm、幅23cm、厚15cm。
台石: 高9cm、幅29cm、厚22cm。

札所70番

如意輪観音塔

如意輪観音塔

次に、左の扉を開けると・・・。

他の地区の大師堂にはない
観音像が安置されています。
一見、子安観音かと思いましたが、
赤子を抱いていないし、
半跏思惟の独特のポーズは、
如意輪観音の場合が多いです。
よくある供養塔の顔とはちがうので、
迷いましたが、ここでは、
「如意輪観音塔」としておきます。

もっとも、十九夜塔造立などでは、
当初の如意輪観音から、次第に、
子安観音へと変化していくという
調査結果もあるようです。
女人講中など女性にとっては
身近な観音様ではありますね。

賽銭箱も大師とそれぞれにひとつずつあるのはご愛嬌でしょうか。それとも、神様は嫉妬深いのかな。
ちなみに、さきほどの二股のところを直進すると別の 観音堂 があります。

像の右側面には、「文政十亥三月吉日」。文政10年(1827)3月の建立が記されています。
また、左側面には、「上組 女人講中」とあります。この「上組」とは、現在位置で考えれば、下曽根の「上組」でしょうか。
それにしても、光背がせっかくあるのに表面になにも刻銘されていないのは・・・。あっと、もしかして裏面に?また宿題?

如意輪観音右側面 如意輪観音 如意輪観音左側面

本体: 高68cm、幅30cm、厚18cm。


(15/03/20・12/07/03 追記再構成) (06/04/20) (撮影 14/06/23・12/06/23・12/06/15・09/03/29・07/05/05・06/09/10・05/08/20・05/04/17)


本コンテンツの石造物データ → 下曽根の路傍石造物一覧.xlsx (11KB)